活動紹介

農業分野への工業技術展開のためには、まず、工業側として農業のどの作業を自動化・ロボット化すればビジネス構築できるか、その見極めをおこなう必要があります。

農業現場のヒアリングや経営分析などをおこない、勘や経験などの暗黙知のなかで多くの作業が行われている産業を工業視点で業務分析することで、ロボット導入効率の数値化やコスト削減・売上向上効果の検討を可能とします。

日本各地の農業を工業の視点で「業務分析」

農業分野への工業技術展開のためには、まず、工業側として農業のどの作業を自動化・ロボット化すればビジネス構築できるか、その見極めをおこなう必要があります。
農業現場のヒアリングや経営分析などをおこない、勘や経験などの暗黙知のなかで多くの作業が行われている産業を工業視点で業務分析することで、ロボット導入効率の数値化やコスト削減・売上向上効果の検討を可能とします。

農林水産業ロボット実証地の視察

農業ロボット推進に向けた、「安全」「規格」に関する政策提言

農業分野への工業技術展開に向けて、安全性のルールと仕組みを構築することで、工業側が安心して農業ロボット産業に参入し、また、農業側が安心して農業ロボットを使用できるための政策案を検討しています。
先行事例を多く有する工業分野にならい、産業ロボット導入に向けた規格やガイドラインを整えることで、農業ロボットの開発や販売のハードルを下げる環境の構築を目指しています。

農業ロボットの安全に関する委員会

農工連携の拡大に向けた「ムーブメント」づくり

農林水産業が抱える課題と農業ロボット産業の発展可能性を広く知ってもらい、これまで農林水産業にあまり関わりの無かった新しい視点をもったプレイヤーの参入を積極的に促すために、農業者と工業技術者のマッチング機会創出やPR活動を実施しています。

  • 農業者×工業技術者による新規事業創出マッチングイベント
  • 高校生・大学生が参加する、農林水産業ロボットコンテストの企画運営
  • 各種メディアを通じた積極的な情報発信 など
農業×工業による新規事業創出マッチングイベント