日本各地の農業を工業の視点で「業務分析」

農業分野への工業技術展開のためには、まず、工業側として農業のどの作業を自動化・ロボット化すればビジネス構築できるか、その見極めをおこなう必要があります。

農業現場のヒアリングや経営分析などをおこない、勘や経験などの暗黙知のなかで多くの作業が御壊れている産業を工業視点で業務分析することで、ロボット導入効率の数値化やコスト削減・売上向上効果の検討を可能とします。

  1. 業務分析の狙い
  2. 業務分析で明らかになる、
    農業現場の課題
  3. 農業の課題解決に向けた、
    他産業界との連携可能性
  4. 業務分析報告

➂農業の課題解決に向けた、他産業界との連携可能性

  1. 農業現場が抱える課題を一つ一つ確認すると、製造業や商業の課題とも共通する内容が多い

    つまり

  2. 他産業界やロボット技術の活用により、日本農業の活性化が可能

課題解決の可能性➀ 馬鈴薯の収穫・選別作業の機械化による、生産性向上+品質向上

    1. 農林水産業が抱える課題
      収穫した馬鈴薯の傷チェックや、緑化、腐れいもの選別を、人海戦術で実施
    2. 他業種が持つ技術
      多種多様なワークを自動的に整列し、自動機械などに供給するパーツフィーダーなど
  1. 高速で製品を選別する機械で、選別精度と処理スピードを向上できる

課題解決の可能性➁ 果樹園の3Kな下草刈りの機械化による、生産性向上+危険回避

    1. 農林水産業が抱える課題
      果物の生育の妨げになる果樹園の下草を、腰を曲げ、重い草刈り機を持ち、炎天下作業
    2. 他業種が持つ技術
      走路環境を認識し、さまざまな場所を走行する自立型自動走行システムなど
  1. 果樹を自動的に避けながら、不必要な下草を無人で刈り取ることができる

課題解決の可能性➂ 丹精込めたトマト栽培の機械化による、生産性向上+安定生産

    1. 農林水産業が抱える課題
      異常気象のもと、刻々と変化する自然を見極めトマトを栽培
    2. 他業種が持つ技術
      効率的な工程管理が行われている、工場の「カイゼン」システムなど
  1. 多様なデータを管理し、常に栽培工程を見直しながら最適システム化できる

「農業の課題解決に向けた、他産業界との連携可能性」コンセプトムービー