日本各地の農業を工業の視点で「業務分析」

農業分野への工業技術展開のためには、まず、工業側として農業のどの作業を自動化・ロボット化すればビジネス構築できるか、その見極めをおこなう必要があります。

農業現場のヒアリングや経営分析などをおこない、勘や経験などの暗黙知のなかで多くの作業が御壊れている産業を工業視点で業務分析することで、ロボット導入効率の数値化やコスト削減・売上向上効果の検討を可能とします。

  1. 業務分析の狙い
  2. 業務分析で明らかになる、
    農業現場の課題
  3. 農業の課題解決に向けた、
    他産業界との連携可能性
  4. 業務分析報告

平成27年度 業務分析報告

平成27年度の農林水産省補助事業「農林水産業におけるロボット技術導入実証事業」において、
農作業現場へのロボット導入による生産現場の経費削減や増収(売上増)への寄与に関する調査分析を実施しました。

coming soon