農工連携の拡大に向けた「ムーブメント」づくり

農林水産業が抱える課題と農業ロボット産業の発展可能性を広く知ってもらい、これまで農林水産業にあまり関わりの無かった新しい視点をもったプレイヤーの参入を積極的に促すために、農業者と工業技術者のマッチング機会創出やPR活動を実施しています。

  1. 農業者×工業技術者による
    新規事業創出マッチングイベント
  2. 「農林水産業ロボットコンテスト」
  3. 「未来を創る農業ロボット
    フォーラム」

➀農業者×工業技術者による新規事業創出マッチングイベント

農林水産業分野では、担い手の減少・高齢化の進行等により、労働力不足が深刻な問題となっています。その一方で、日本の各地域には高い工業技術を有する企業や技術者が数多く存在し、さらなる活躍の場を求めています。地域内での農工連携は、農林水産業の生産性の改善だけでなく、工業側にも新たなマーケット開拓や新技術獲得の機会を生み出します。

当協会では、日本各地の農業者と工業者をマッチングし、農工連携の新しいビジネスアイデアを考えるワークショップを実施しています。農業生産技術とロボット技術の融合によるアイデアは、具体的な商品開発につながる可能性を秘めています。

農業×工業 新規事業マッチングイベントワークショップ -農業ロボット元年!農工連携で切り開く新産業-