「2015農林水産業ロボットコンテスト」 最終審査を通過した農業ロボット紹介

名古屋工業大学

種まきロボ IKEBA(イケバ)

開発メンバー柘植健太、牧島拓也、村尾拓哉、榑林秀晃、近藤翔、大竹翔太、野々目朋晃

何をするロボットか?

タマネギの種を自動で蒔くロボットです。畝の上を走行しながら種を蒔き、隣の畝に移ることもできます。

ロボットの特徴や制作秘話

種まき部分は製作が大変であり、開発期間が短いため達成できないという話が出ました。そこで、手押しで種まきをおこなう製品の一部をロボットに使用することで製作期間の短縮を図りました。また、畑を走行する機構であるキャタピラは、いざ畑の上で動かしてみるとキャタピラがすべってしまい畝からすぐに落ちてしまうという問題が発生。これは機体の位置がずれた際に、ずれを取得する方法がないためでした。そこで機体前方にカメラを取り付けてマーカーを検知、さらに、畝の形を検知する技術を開発して、問題を解決しました。畝の検知は、計算機が苦手とする、形の定まっていないでこぼことした形を扱わなければならなかったため、開発に苦労しました。
そのほかにも、機体に害鳥を退治するためのLEDやスピーカーを取り付けたいというメンバーがいましたが、残念ながらその案は採用されませんでした。

  • 畝から落ちてしまったロボット
  • マーカーを検知
  • 畝の検知

コンテストに参加して

  • チームメンバーの一人の祖父が畑でタマネギを栽培する仕事をしており、祖父から(おそらく冗談ですが)「作業が大変なのでロボットを作ってほしい」と言われた、という話を聞き、タマネギの栽培過程の中で達成できそうな種まきロボットを製作することに決まりました。

ロボットの将来像(夢)

  • 種まきは全て手作業の場合が多く、長時間腰をかがめる重労働となっています。将来、農家の方に代わって種まきという重労働をロボットが担い、少しでも負担を減らせればと考えています。また、畑の中を移動する機能は汎用的であるため、足回り部分をユニット化して上部機構を取り替えることで、様々な農作業ができると考えています。今後、水やりや収穫、農薬散布などの可能性も探っていきたいです。
    チームメンバーは全員学生で、開発・製作も全て学生がおこないました。学生でもこのようなロボットが短期間で製作可能であるということを知っていただき、農業用ロボット開発の敷居は割合低いということを知っていただきたいです。

「2015農林水産業ロボットコンテスト」 最終審査を通過した農業ロボット紹介